亡くなったらまず
-ご家族様にして頂きたい事-

ご安置方法

最愛の仔を喪い、冷静なご判断が難しいと事と思います。
しかし、お時間の経過と共にご遺体には変化が現れてきます。
出来る範囲で構いませんお気持ち を落ち着かせて頂く為にも、
最後の時をゆっくり時間をかけてお過ごし頂くことをお勧め致します。


※以下は、亡くなった仔が穏やかに眠れる環境を作り、
お別れまでのお時間をご家族一緒にお過ごし頂けるようなご提案の一例です。

1.安らかに眠れる環境を整えてあげましょう

1.安らかに眠れる環境を整えてあげましょう

ご安置場所は、直射日光の当たらないできるだけ涼しい場所を選んであげて下さい。
愛用のベッドやバスタオルの上に寝かせ、可能であれば手足四肢を自然な状態に曲げてあげて下さい。
※お体が硬直している場合は体を無理に曲げたりせずそのまま安置してあげて下さい。
※必要であればエアコンで室温調整をして頂いても良いかと思います。

2.お身体を拭いてあげましょう

2.お身体を拭いてあげましょう

お身体は、ブラッシングや清拭等にて整えてあげましょう。
全身をやさしくブラッシングして頂き、お湯で湿らせたタオル等でやさしく拭いてあげましょう。
(お鼻や口・肛門周辺から体液が滲み出た場合はティッシュ等で拭き取ってください。あらかじめ、ペットシートを敷くとよいでしょう。)
最後に毛並みを整え、可能であればまぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう。
大好きなご家族様にして頂けたら、旅立たれる仔もきっと喜んでくれるはずです。
※遺毛をお取りになりたい方は、ここでカットしてお手元に残されると良いかと思います。

3.お身体を冷やしてあげましょう

3.お身体を冷やしてあげましょう

亡くなられてから、お身体は臓器のある腹部や頭部中心に徐々に腐敗が進行します。
保冷はドライアイスでなくとも、お手持ちの保冷剤ビニール袋に氷を入れたものでも可をタオルで包むなどして腹部の下に、頭部には枕の代わりに敷いて頂く事で対応が可能です。
※保冷能力が下がってきたら取り替えてあげましょう。残念ながら、保冷剤を使っても腐敗の進行を抑えられるのは1日から2日が限度となりあまり長く一緒にいられないのが現実です。
最後の時間を悔いの残らぬよう、沢山の思い出と共にゆっくり過ごしてあげて下さい。

4.最後の時間を落ち着いて、一緒に過ごせる環境を作りましょう

4.最後の時間を落ち着いて一緒に過ごせる環境を作りましょう

普段お使いだった器などに、お好きだったご飯・普段召し上がっていたもの・おやつ・お水・お花(仏花でなくとも洋花等でも大丈夫です)
などをお供えしてあげて下さい。お気に入りのおもちゃ・お写真などお供え頂いても良いと思います。祭壇などを必ず用意しなければいけない、という事はありません。
『この仔はこれが好きだった』『家ではこうだから』といった、ご家庭毎のスタイルでご用意下さい。
お線香・お香などもご自由にお手向け下さい。
※お線香・お香は、人間の宗教的作法なので、焚かなくても問題ありません。

5.お気持ちが整いましたら、ご火葬の相談をしましょう

5.お気持ちが整いましたら、ご火葬の相談をしましょう

水鈴舎ペットセレモニーにご連絡下さい。
ご心配・ご不安な事でも遠慮なくご相談ください。
経験豊富なスタッフがお気持ちに寄り添い、丁寧にご説明させて頂きます。

0120-24-6502 (365日24時間受付対応可能)

365日24時間受付対応可能

0120-24-6502